FC2ブログ
 

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

インジェクションダイナ純正タンクナロー加工左右1インチづつ合計約2インチナローです

インジェクションダイナ純正タンクナロー加工左右1インチづつ合計約2インチナローです

んーん、タイトル通り純正タンクのナロー加工です。定番すぎてやりすぎて。。
でもなんだかんだ言って一番飽きの来ないカスタムでタンク容量もそれなりに確保できるときたら。。(笑)
IMG_5664.jpg
ドナーはこちらでカットラインもうれしい大公開!!
って見てもこの通りにできる方は日本に何人もいないはず。。
こちらは裏側のカットライン。
IMG_5663.jpg
見てわかる通りベースタンク到着してすぐ総ブラストして塗装剥離してます。
この料金もコミコミですのでうれしい限りですですよね!?

っで大まかなビフォーアフター比較画像です!
IMG_5631-horz.jpg
センターのコンソールを乗せ忘れたのがちょっと痛いですが、、わかりますよね??
際立つのがタンク後ろ側のとんがり具合。シュッと丸くなる感じがやった感が滲み出てます!

ここまでナローにしてフューエルポンプはちゃんと脱着できるの?当たらないの??
なんて疑問が生じるかと思いますが、大丈夫。
ベースタンクを送っていただく際にタンク装備品を一式送っていただいて確認しながら作業を行っております。
さらにポンプが脱着しやすいよう、タンク左側のフューエルメーターの配線用パイプを加工して干渉しないようにしています。
IMG_5632-horz.jpg
これの違いだけで、、全然違いますよ(笑)
IMG_5665.jpg
タンクより取り外したメーター埋め込みカップの下側をカットしてバラシ、
IMG_5666.jpg
素直に配線が通るところがスムーズではなくなりますが、配線なのでゆっくり通せば問題なし!!
IMG_5670_20170515052955e6b.jpg
で、ポンプを挿入するところから配管を遠ざけたところでタンク下の出口に向けてちょっとづつ配管を曲げてあわせていきます。
IMG_5672_20170515052957521.jpg
これがポンプ装着時の位置関係。すでにカップギリギリなのがよくわかります。
この位置にポンプを回しながら挿入するわけなので障害物はない方がいいに決まってる(笑)
無理するとプラ部品が折れるかも!!
IMG_5675_201705150529588aa.jpg
装着時ぶっちゃけタンク底にストレーナー部が当たってます。
左右1インチづつのナローになって当たってしまうのです。ポンプ取り付け位置はかえれない、外せないので
ポンプ動作に支障が出なければ問題ないでしょう。今まで数十件やってきましたが動作クレームは一軒もないので。

そんなこんなでもうちょいで加工完了でタンク内コーティングまで本日進めます!

info@yamamoto-parts.com
インスタID→shochou7443
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。