新商品のお知らせ

新商品のお知らせ

ずーーっと思い続けていたことが形になりました。
IMG_5564.jpg
キャッツアイテールがこんなテーパーになっていることも今回初めて気が付いて、、
IMG_5558.jpg
だからここの傘はこんな形になるのね~と大納得させられました(笑)経験して初めて体に染みつく。
こんな記事を読んだからって身には付きませんよ~体験しなきゃね!そう、体験して納得して身に付く!
でも私は出し惜しみしません。
IMG_5484.jpg
右上の冶具は結局使えないという(笑)一日かけて作った冶具も経験値という大事なもので無駄ではなかったと思われます(当社比
IMG_5486.jpg
製作着手前このフェンダーを作るにあたりキモは二カ所と感じました。
その一カ所がここのエンド部。単にアールで曲げただけではダメ。エンドのセンターでかるーくリブが入って
3枚の鉄板が一カ所にまとまる。でも最終的には画像の張り合わせ順番ではダメということに気づきました。
IMG_5557.jpg
まんま完璧レプリカを狙ったわけではなく手を抜けるところは抜いて、カッコよく帰れるところは改善していくという思いで進めました。日本のナンバープレートがサクット入るようにはしときました。
IMG_5560.jpg
始め、四速フレームボルトオンでの商品化を狙ったのですが車両によってタイヤとフレームセンターのええとこを出すのが困難で、
それに合わせてシートベース鉄板がややこしくなるのも実感できたので汎用品での商品化をまず決めました。
四速フレームにはまずあのサス受けの間にはすっぽりはまるんであと取り付けセンター出しはユーザー様もしくはプロショップ様にてお願い致しますってかんじです。そんなに難しい作業ではありません。
IMG_5561.jpg
本物みたいなシートベース取り付けステーはつけておくのでここを利用して前後一体ものかセパレートかお好みに応じておつくり下さい。全部フラットな板で構成できるのでこれもそんなに難易度はたかくありません。
IMG_5515.jpg
シッシーバーは丸棒無塗装標準装備。メッキは+¥でこれから計算いたします。もちろんシッシーバー無しもご選択いただけます。
その場合定価より若干¥下がりますね。このシッシーバーは上から差し込んであるだけでプラハンでどつかないと抜けないように本物と同じような構造にしてあります。
IMG_5562.jpg
各パネル、パーツを本物からすべて採取して鉄板型紙化してそれをもとに切り出して組み付けて変更訂正箇所洗い出して、、
と量産化するために相当な時間を費やしました。
ワンオフで一個作るのはサンダーと溶接機があれば誰でも作れますが、同じものを板金手作業で量産するためには
このような冶具というか型紙というかこれの正確な製作が一番大事なのです。受注が時間あいて次に製作するのが数か月後でも
この冶具類を見ればすぐにまよわず製作できるように。
IMG_5563.jpg
でも作っていきながら型紙修正しながら、作れば作るほどいいものができていきます。
量産といっても結局は切り出し、曲げ、穴あけ、溶接、仕上げなどオール手作業( ´∀` )
値段もそれなりになりますが本物の今の相場より若干お値打ちぐらいかな。
この商品もチョッパーパーツであるが故に流行り廃りの対象にもなるでしょう。
ただ昨今のサイドナンバー問題解決や何しろ荷物が積める、シッシーバー脱着可能といううれしいことばかりなこのパーツ
愛車のリア周りカスタムの候補の一つに挙げていただければ幸いです。
本物はいつ出てくるかわからず取り付け等も結局追加工などすんなりは行きませぬので(笑)
商品名なのですが見てもわかる通りク〇〇ジ〇フ〇〇クレプリカなのですが、商標登録云々があるらしいので
ここは黙って「山本式フェンダー」みたいなので考えときます(笑)なんかダサいな(笑)
気になるお値段は¥10万台にはおさめようかと。
ヤフオク定価常時出品でたまーにセールしてみたり、来月末の「あの」一大イベントでデビュー??も画策中。

誰にもまねできない、より本物に近い機能的なこの汎用フェンダーまだまだ紹介していきます。

info@yamamoto-parts.com
インスタID→shochou7443

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索